CONTACTお問い合わせ

CONTACTお問い合わせ

HENJOSON-IN

遍照尊院のご紹介

住職のご挨拶

高野山遍照尊院のサイトをご覧いただきありがとうございます。
自然豊かな紀伊山地の標高約800メートルのところに、高野山はあります。木々が生い茂る高野山を歩かれた方々は空気がおいしいと、お感じになるようです。
緑に囲まれた景色は、弘法大師空海さまが開山された平安時代から変わっていないように思われます。高野山では1200年以上守り続けている伝統がいくつかあります。いまも奥之院で修行を続けていらっしゃる空海さまに、毎朝僧侶が食事を作り、お運びする「生身供(しょうじんぐ)」もその一つだと言えましょう。
遍照尊院でも毎日欠かさず、亡くなられた方のご供養や、護国安寧をご祈祷させていただいております。自然豊かなこの地で、心穏やかにお勤めができるのはありがたいことです。
空海さまがお彫りになったと言われる大日如来像が遍照尊院の本尊です。どなたでもこの大日如来をご覧いただき、ご参拝いただけます。また高野山を代表する壇上伽藍や高野山総本堂である金堂にも、遍照尊院からは徒歩数分の近さです。高野山にお越しの際には、ぜひ遍照尊院にお立ち寄りください。
みなさまとの仏縁を祈願しております。

高野山 遍照尊院
第50代目住職

御朱印

御朱印はお寺や神社を参拝した際に頂くもので、その始まりは写経をお寺などに納めた際に頂く「納経印」が始まりと言われております。
この世で生きている時にお寺や神社をお参りした証、その際に積み重ねた“功徳”を帳面にしたものが御朱印帳です。
御朱印帳はご自身が亡くなられたときに棺の中へ入れあの世へ持っていくものの一つです。
生前にしっかり積み重ねた功徳をもって閻魔大王さまのところへ行くことで、極楽浄土へ導かれます。
また、御朱印帳は大切な方が亡くなられた際に自分の功徳を分け与える事も出来ます。
ご家族、ご友人の棺にご自身の積み重ねた御帳面を入れてあげることでそのお方も極楽浄土へ導かれます。
是非、聖地高野山から御朱印集めを始められてみてはいかがですか?

■本尊 大日如来
当院の本尊御朱印の中央墨書は「大日如来」と書いております。
大日如来とは真言密教のご本尊であり、弘法大師空海がこの地で修行された時、大日如来のお力を体得されました。
当院でお授けする御朱印は大日如来とのご縁が結ばれたお印、お参りされた功徳の証明ですので、大切になさってください。

■脇佛 虚空蔵菩薩
当院の脇佛御朱印の中央墨書は「虚空蔵尊」と書いております。
虚空蔵尊とは虚空蔵菩薩のことをさし、本尊大日如来の福智(福徳と智慧)の二徳をつかさどる菩薩。
当院でお授けする御朱印の本尊大日如来と脇佛虚空蔵菩薩を併せますことで大日如来の福智を授かり、またお参りされた功徳のお印となりますので大切になさってください。

高野山真言宗の教章

寺号 高野山真言宗
準別格本山 遍照尊院
宗派 高野山真言宗
総本山 金剛峯寺
本尊 両界大日如来

遍照尊院の概要

所在地 〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山303
電話/ FAX TEL 0736-56-2434 FAX 0736-56-3641
住職(代表役員) 目黒 寿典
地図